×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

おもしろ雑学ファイルたい焼き業界戦国時代到来> 

国民的庶民派和スイーツ「たい焼き」

発祥から約100年たったといわれる「国民的庶民派和スイーツ」のたい焼き。 最近では、様々なバリエーションのたい焼きが発売され、各所で話題となっている。

まず、世間をあっと言わせたのが「たいやき本舗 藤家」の白たい焼き。文字通りたい焼きの皮が真っ白なのである! 九州から関西、そして関東にまでブームが押し寄せているこの白さともちもち食感の秘密は、タピオカ粉を使っているから。 「たいやき本舗 藤家」では、豆乳クリーム味(白)のほか、抹茶味(緑)、黒ごま(黒)、マロン(黄色)、チョコ(茶)など、カラフル系がずらり。

最近の進化したたい焼きを是非おためしあれ

その他オススメなのが「代官山たい焼き 黒鯛」。 同店では、真っ黒なたい焼きを販売しているが、備長炭と黒ごまを加えているためで、 中には黒糖入りの自家製あんともちもちの白玉がぎっしり。買い物ついでに立ち寄りたいお店だ。

「ギンザ プティカスタ」のたい焼きは一口サイズ。ふんわりとしたやさしい食感はまるでホットケーキ。 「チーズケーキ」や「チョコクリーム」などが人気となっている。

「たい焼き〜? どこで食べても一緒だよ」なんて言わずに、最近の進化したたい焼きを是非おためしあれ。

スポンサードリンク

メインメニュー

リンク